田中堅大

1993年、東京生まれ。ギタリスト/サウンドアーティスト/都市音楽家(Urban Composer)。

都市論を音楽/サウンドアート制作に応用することで、都市を主題に音を紡ぐ「都市作曲(Urban Composition)」の確立を模索している。主な展示作品に「Algorithmic Urban Composition」スタンフォード大学CCRMA聴取室(2019年)、「Urban Composition #01」芝浦ハウス(2018年)など。都市を題材にしたサウンドインスタレーション、ファッション/ダンス/映像作品への音楽提供など、音楽を中心として多岐に渡る活動を展開している。
ギターが持ち得る遡及的/追憶的側面を追求し、複数のリバース/ディレイギターを多層に重ねることで演奏や音源制作を行なっている。主なアルバムに、ソロ作品の『Poetics of Non-Savoir』(2019年11月リリース予定)。Riki Hidakaとの共作カセットアルバム『possibility to see you again』(2019年3月)をShiny Brand Recordsから100本限定でリリース。2018年より、26人のメンバーから構成される現代版オーケストラ・蓮沼執太フルフィルにギタリストとして参加している。


また、自ら企画・編集・デザインを担当する批評zineとして、音楽を取り巻く環境への批評zine『jingle』(2015年)を創刊し、2019年に続編となる『jingle 002』を発表。

現在、ベルギー・ゲント王立芸術院のEuropean Postgraduate in Arts in Sound(EPAS)に在籍し、音と都市空間の関係性に着目したサウンドアートの実践と研究に従事している。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科エクス・デザインプログラム修士課程修了(デザイン)。修士研究の題目は「都市作曲:都市論をサウンド・アートの領域へと応用することによる音楽の可能性の追求」である。


Kenta Tanaka

Urban Composer / Sound Artist / Guitarist


Kenta Tanaka(°1993, Japan) is an urban composer, transdisciplinary sound artist, and guitarist. His work attempts to explore the possibilities of applying urban theories in the field of sound arts. Previously, he studied sound arts, urban theories, and design research at the Graduate School of Media and Governance, Keio University, Tokyo, Japan. Currently living in Gent, Belgium, he is doing his postgraduate in Sound Arts at European Postgraduate in Arts in Sound where he is focusing on the relationship between urban space and sonic experience.


Exhibition

Algorithmic Urban Composition
Linux Audio Conference 2019
Stanford University CCRMA Listening Room, the United States on March 25th

Urban Composition #01
Is the City Ours?
Shibaura House, Tokyo, Japan on November 25th 2018

Urban Sonification
Shibuya Creative Center Exhibition: Closed Trial
Design Koishikawa, Tokyo, Japan on February 4th 2018



Contact

Mail [Office]: kntnk62 at gmail dot com
Mail [Office2]: jingle.zine at gmail dot com  
Website: https://kentatanaka.cargo.site/