Shuta Hasunuma Full Philharmonic Orchestra “FULLPHONY”


Shuta Hasunuma Full Philharmonic Orchestra” is a new type of symphony orchestra, formed in 2011 in Tokyo, Japan, led by a Japanese composer and sound artist Shuta Hasunuma. In 2017, as a result of the audition for recruiting new instrumentalists, a guitarist and live coder Kenta Tanaka was honorably selected as a new member of the orchestra. Then, in the Summer of 2018, with the help of dynamic expression of music, Shuta Hasunuma Full Philharmonic Orchestra performed “FULLPHONY” at Sumida Triphony Hall, Tokyo.


蓮沼執太がコンダクトする、総勢26名が奏でる現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ=蓮沼執太フルフィルにギタリスト/サウンドプログラマーとして参加。主なパフォーマンスとして、『FULLPHONY』(2018.8.18 すみだトリフォニーホール)、『日比谷、時が奏でる』(2018.8.25 日比谷野外音楽堂)。





Photo by Takehiro Goto

蓮沼執太フルフィル:蓮沼執太、石塚周太、イトケン、大谷能生、葛西敏彦、木下美紗都、K-Ta、小林うてな、ゴンドウトモヒコ、斎藤亮輔、Jimanica、千葉広樹、手島絵里子、宮地夏海、三浦千明、池田恭子、石川賢、内田翼、河野絵里花、菅間一徳、たきぐちがめ、田中堅大、松浦知也、宮坂遼太郎、横山千晶

【メディア記事】
- 人力VJや新曲も!蓮沼フィルがまりんや中村佳穂ら多数ゲストと臨んだ初の野音単独
- 蓮沼執太フルフィルの生演奏をグラスサウンドスピーカーで再現、銀座で開催
- 蓮沼執太フルフィル26人がすみだトリフォニーホールで初めて奏でた「フルフォニー」
- 蓮沼執太フルフィルが「心強いメンバーと共に大きく前進」お披露目公演に向け公開リハ