Artist Statement


都市と音楽について


1.
都市に耳を傾けてみる。それは騒音か、音か、もしくは音楽か。


2.
都市を聴くとは、その都市に関わる人や物が直接的・観念的に経験する総体の一部に耳を傾けることであり、1人の聴取者が一度に都市のすべてを聴くことはできない。

3.
都市に音を配置することは、都市へのささやかな介入として、日常空間に音を溶け込ませることである。それは聴かれるかもしれないし、聴かれないかもしれない不確実な約束を都市に残すことである。

4.
都市の音楽に実体はなく、都市を遊歩するときに聴こえてくる音、そして感覚器官が無意識に想起する記憶や音像、それらすべての関係性の総体が、都市の音楽を構成している。

5.
都市の経験が主観に依拠しているように、音の経験も人によって異なり、さらに文脈依存である。どのような状況でなにを聴取するのかによって、音が人間にもたらす影響は全く異なる。

6.
都市自体が常に生成を繰り返す環境音楽である。

7.
都市と音楽、それら異なる2つは同質に複雑系であり、1人の都市生活者が都市のすべてを理解することは到底不可能なように、1人の聴取者が都市のすべてを1度に聴くことはできない。都市も音楽も、どのような状況下で体験するかによって、全く異なる体験になる。体験する主体や客体が変化すれば、都市と音楽はその度に生まれ変わる。

8.
複数の都市の音を並行させてみる。それぞれのリズムが絡み合う。ときに共鳴し、ときに不協和を奏でる。騒音が音になり、偶然に音楽を奏でる。そしてまた騒音へと戻っていく。都市は常に音楽となる瞬間を探している。


田中堅大
2020年7月4日初稿執筆





On music and cities


1.
Have a listen to a city. Does the city sound like noise, sound, or music?

2.
Listening to the city is having a listen to a part of the images that human or objects would existentially and/or ideologically experience through the city. A listener would not be able to listen to the entire city all at once.


3.
Putting some sounds in the city is to blend sounds with everyday lives as a soft way of tactical intervention into cities. That means indeterminate promise that people might hear or not.

4.
Urban composition does not have any shapes and cosists of every sound that a flaneur would/might hear, sonic images and memories that would/might be intrigude by urban experiences, and the relational sum of them

5.
Urban experiences rely on subjective perspective. Similarly, sonic experiences are truly personal and context-based: In what situation, how, and what do you listen to?

6.
The city itself is an endless ambient music generated by/through the city.

7.
Music and cities, these two different things are homogenously complex: a listener can not hear the entire city as a human living in the city never understand the whole phenomena of the city. Situations would let urban/sonic experiences totally different. In addition, music and cities change based on the subject and the object.

8.
Juxtapose various urban sounds. Let those sounds blend each other. Sometimes they resonate, sometime play dissonance. Noise might be heard as sound, the sound might be listened to as music coincidentally, and the music finally goes back to the city as noise. The city is looking for a moment that it could become music.


Kenta Tanaka
the first version written on July 4th,2020