Urban Pedagogy


Urban Pedagogy is a user-participatory project for the general citizens to overwhelm the urban space which is our living environment, and to support better city life. Comparing to the traditional unilaterally decided urban planning, this project is attempting to intervene in a tactical city not only from a spatiotemporal point of view but also from a social technical point of view. Based on the activities and practices of the Center for Urban Pedagogy, a non-profit organization developed in New York, we are approaching to various problems in urban centers specifically in Japan - super aging society, multinational immigrants, guest housing for the Olympic Games 2020.

Urban Pedagogyは、私たちの住環境である都市空間を一般市民が主体的に使い倒し、よりよい都市生活を支援するためのユーザー参加型で行うプロジェクトである。トップダウン型で一方的に決定されてきた都市計画に対して、時空間的な視点のみならず社会技術的視点から戦術的な都市への介入を試みる。アメリカはニューヨークで展開されている非営利団体Center for Urban Pedagogyの活動や実践を踏まえながら、日本固有の都市の諸問題——超高齢化社会、多国籍移民、オリンピック2020に向けた民泊など——に対してアプローチする。‬


慶應義塾大学水野大二郎研究室「日本における都市への介入とはなにか?——タクティカル・アーバニズムから都市教育学へ」(KEIO SFC ORF 2017にて発表)